HOME > SLA進学塾とは

SLA進学塾とは

\保護者の皆様へ!/SLA進学塾っていったいどんな塾!?

SLA進学塾では学校や予備校のように講義を中心とした学習は行いません。学習の段階を基礎と応用に分けて行っていきます。基礎の部分での理解を必要とする箇所、例えば英語の文法、長文の読み方、問題の解き方に関しては中学生から高校生まですべての生徒がテストや受験で必要としています。そういったところは英語の基礎授業として授業を行っていきます。しかし、そこから先の応用に関しては生徒によって必要な知識レベルも、わからなかったり、苦手だったりする分野も異なってきます。この部分に関しては各自専用のブースにて個別に指導をしていきます。

定期テストでも、受験でも限られた時間の中でいかに効率よく学習していくかが一番大事なところです。予備校のように講義ばかりでは問題練習、苦手分野の集中特訓など個人でやらなければならない勉強に時間を作ることができません。

逆に個別学習のみになってしまうと、生徒本人も気づいていない忘れてしまっている部分を見直すことを見落としがちになってしまいます。絶対に見落としてはいけない基礎の部分は集中的に講義でおこない、生徒一人一人が目標に対して必要な応用は個別に行っていくことが時間を有効に使っていくという観点から考えた学習の一つだと考えています。

基礎の部分をしっかりと身につけていくためにSLA進学塾では中学生は火曜水曜金曜に英語、数学、国語の授業を各二時間ずつ、週三回にわけて行い、高校、浪人生は文系も理系も共通している英語の文法授業を週二回、合計4時間行います。応用に関しては、生徒のレベルによって講義を行うこともありますが、個別指導を行います。受験問題のレベルになればなるほど、問題一つ一つをできるように「潰していく」ことが重要になります。講義でその「潰し」を行っていくことは必要のない「潰し」をしてしまう、「潰している部分」を重複して行ってしまうなど時間を浪費してしまうことにつながります。1時間すべてを自分の学力向上に使えるようにするため。そのために授業と個別指導を両立させて行います。


\必見!/SLA式学習メソッド

学業に少しでも関係のあることであれば、すべて質問に答えてアドバイスを行い、不安を取り除けるようにすることがSLA進学塾のカウンセリング・フォローです。

本来、学校生活を通し目標とすべきことは《受験に合格する》ことではありません。受験をして合格したら、その中でどんなことをして、次に何を目標とするのか。二つ先までの目標を考え、設定していくことこそが大切なのです。

SLA進学塾では卒業生からの情報や実体験なども在塾生に教えていくことで受験合格の先まで目標設定することができます。先々まで目標があるからこそ目の前の目標に実感がわき、その目標に向かって頑張る姿勢を保つことができると考えています。

基本学習サイクル図

PLAN
定期フォロー

「See」で確認した生徒の現状をもとに学習計画の立案・修正を行います。適切な計画の修正を行うことで学習効果をより高めることができます。

SEE
科目別・個別フォロー

「Do」で実行した学習の結果をもとに生徒の学習の進み具合の確認や、わからないところの指導をします。しっかりとした学習計画の立案のために、細かく生徒の様子を確認します。

DO
学習スペース・集団授業

「Plan」で立てた計画を学習スペースでの個別指導と集団指導で行います。2つの指導形態を組み合わせることで、それぞれのメリット・デメリットを補いながら学習していきます。


\だから身につく!/SLA進学塾の学習の流れ







01 カウンセリング

生徒の目標や合格したい学校、得意な教科など生徒自身のことを伺います。 今在学している学校のことや、定期試験についてなど様々なことを聞いて、その後の計画や指導に役立てます。 これを「定期フォロー」として、1~2週間に1度必ず行っていきます。




02 学習計画

試験の結果やチェック問題、定期フォローからの情報などから、生徒にあった学習方法を確認し計画を立てていきます。 基本的にはこの計画などに沿って1~2週間を単位として勉強をすすめていきます。





03 学習の実践

学習スペースで実際に勉強を行います。そのときにどんなことでも、少しでもわからないところがあれば個別フォローを行います。1対1の個別指導を通し「わからない、できない」部分をそのままにさせません。


04 授業

科目別授業で基本事項のおさらい、復習、予習を行います。応用の分野でも、ある程度の生徒が同じように躓いている場合にはゼミ形式で授業を行います。授業で大事なことは「基本事項」を徹底することです。




05 チェック

勉強した内容が身についているかをテストやチェックなどを行い確認していきます。プリント1枚にしても正答率のパーセンテージなどで細かく管理します。身についていないものをそのままにせず、原因を突き止め修正していきます。十分に理解ができていれば、どんどん次のステップへと進んでいきます。


SLA進学塾は「国語力」に力を入れています!

文章を読むのが苦手。それは関係なし。

現代文ステップ

現代文は過去にたくさん本や新聞を読んでいないと学力が上がりにくい、点数がのびない教科と思われがちです。しかし、実際の入試やテストで必要なのは「筆者の意図」をきちんと理解できているかという点です。

SLAでは筆者の考えを読み取れるように文章の読み方から丁寧に指導し、選択・記述を含めた問題を解くためテクニックを理解してもらいます。その後テクニックを実践できる問題をレベル別に解き、理解・定着を図ります。これにより、より正確に問題を理解し答えることができるようになります。

効率の良い勉強方法で無駄なく点数を上げる。

古文・漢文ステップ

古文は日本語といえども単語の意味も文法も現在とは異なります。そのためSLAでは古文は「外国語」ととらえ、古文単語の覚え方から指導を始めていきます。その後文法の理解・定着、文章古文の学習をすることによる効果は古文の実力アップだけにとどまらず、漢文の実力アップにも関わってきます。

漢文を構成する漢字をルールに従い文章にすれば、そのまま古文の文章として読むことができるため、古文の単語・文法が活かされるのです。つまり、漢文の実力アップには古文の学習を進めた後の方が効率的なのです。

◎現代文 - 筆者と問題出題者の気持ちを理解することが点数アップにつながる。
◎古文・漢文 - 2つで1つの教科。「外国語」だと考え丁寧に指導していきます。


小学生。学校の内容ももちろん、中学受験では算数と国語を中心に
中学生。中学生になってから初めて習う英語を数学の基礎をしっかり
高校生。文系、理系問わず必ず大学受験に必要になる英語を確実に
浪人、医療専門。誰よりも勉強に本気になるために

SLA進学塾
お電話でのお問い合わせはこちら 03-3805-5819
メールでのお問い合わせはこちら

このページのトップへ