HOME > コース > 中学生

コース

中学生


中学1・2年生

SLA進学塾では確実に上位の高校へ進学するために中学一年生から入塾することをお勧めしています。

それは中学一年から入塾してもらえれば確実に志望する高校へ進学させることができるからです。
SLA進学塾では地域に密着した学習指導も行っています。荒川第一中学校、南千住第二中学校、荒川第3中学校、諏訪台中学校を中心に公立、私立の中学校それぞれのカリキュラムに対応した学習プログラムを行います。中間テストの2週間前、期末テストの3週間前にはテスト対策のフォローも行い、各学校、学年の成績上位に持っていきます。

「勉強をするための力」をつける重要な時期。

勉強に苦手意識を持つ子供の多くは、この時期の勉強がうまくいってないことが原因といえます。
そもそも学校の勉強とは基本的に学問や科目の内容がどんなものであるかを紹介するものであり、その後できるようにするための練習や教科の理解は自分で学習をしなければなりません。
例えるなら、その道を歩けばどんな家があり、どんなことがあるかは教えてもらえますが、その後歩いたり走ったりするには自分で努力をしなければならないということです。
 SLAでは「自己学習」の能力を育て、学問の基礎を理解してもらうことに注力しています。
それこそが勉強の中心軸であり、そこさえしっかりしていれば多少成績が落ちても持ちなおすことが可能だからです。
現在SLAでは地域に密着した学習指導も行っています。
荒川第一中学校、南千住第二中学校、荒川第三中学校、諏訪台中学校を中心に、公私の中学校それぞれのカリキュラムに対応した学習プログラムをご用意しています。
中間テストの2週間前、期末テストの3週間前にはテスト対策のフォローも行い、各学校の学年の成績上位を目指せる指導を行っています。


中学3年生

日々生徒の学習度合いやレベルをチェックし、一対一で向かい合い、話し合いを。

どの段階でもいえることですが、受験をするのならばその次のステップを考えて行うべきです。
特に高校受験はその先の進路を考えてやらなければなりません。
大学に進学することが一般的になってきている現在、それらを視野に入れて受験をするべきです。
SLA進学塾では高校受験後ほとんどの生徒がそのまま大学受験まで行います。
そういった意味で、一貫した学力の定着が可能になります。
上位校に合格する一番の近道は難しい問題に慣れることです。高校受験の問題では、都立入試でも高得点を狙うには公立中学校の定期テストレベルではよりかなり難しい問題がでてきます。
加えて、公立中学校の場合は3学期の勉強の範囲をその前に終えておかなければ受験に間に合いません。
集中して1教科の問題レベルを少しずつ上げて都立入試レベルまでいくこと、常に本人の実力よりほんの少し上の問題をやることが必要になっていきます。
そのために日々生徒の学習度合いやレベルをチェックし、一対一で向かい合い、話をしていきます。

普段の勉強から、受験用の応用問題まで幅広い指導を。

平成28年度高校都立入試から調査書点の比重が変更となり、実技4教科の重みがましました。これらの科目は学力検査がないために中間・期末をはじめとした日々の学習が大切になります。
都立高校入試は、中学校3年間の範囲すべてからまんべんなく出題がされます。1教科・1科目に秀でていても望む学校に合格できるとは限らず、全教科において一定の学力が求められます。
SLA進学塾では個別指導・集団授業の2点からのアプローチで、学習に大切な《基礎の理解》《応用分野の克服》《苦手分野の克服》を行います。これらは個別指導・集団授業それぞれの短所・長所を活かし補うためです。

高校受験で上位校を狙うために。

高校入試で上位校を狙うとなると、公立中学校の定期テストレベルよりかなり難しい問題がでてきます。それらの応用問題をクリアできなければ上位校合格は難しいでしょう。
加えて公立中学校の場合は3学期の勉強範囲を習う前に終えておかなければ受験に間に合いません。
特に「数学」「理科」に関しては、教科の基礎を理解したうえでの応用が求められます。これに対応していくには常に本人の実力よりほんの少し上の問題をやることが必要となっていきます。
そのため日々生徒の学習度合やレベルをチェックし、基礎の部分での見落としはないか、応用問題は解けるレベルになっているかを週数回のカウンセリング・フォローを通して1対1で確認していきます。
個人にあわせた柔軟な学習指導こそが、SLA進学塾が上位高校合格率を伸ばしている理由です。


推薦入試対策

(サンプル)SLA進学塾は推薦入試対策も徹底的にフォローします!
都立入試において実技4教科も問われます!

平成28年度高校都立入試から調査書点の比重が変更となり、実技4科目の重みが増しました。これらの科目は学力検査がないために中間・期末をはじめ、日々の学習が大切になります。 保険や家庭科、技術、美術、音楽は学校と担当の先生によってかなり問題が違ってきます。SLAでは学校で配布されたプリントや資料を使って問題を作成し、練習できるようにしていきます。理解をしたり覚えたりする量は5科目の科目より少ないのでしっかりと解けるよう指導していきます。

推薦入試について

大学受験においては何か特筆できるものがなければ推薦もAO入試もおすすめはしません。しかし、学校推薦や学校長推薦、高校受験では内申点が合格ラインを超えていれば狙ってもいい入試枠です。どちらも小論文と面接を1対1で指導していきます。小論文に関しては当日に書く場合に予備知識も蓄えなければなりません。ですので、SLAに用意してる様々な分野の資料や本から関係するものを読んで覚えていきます。あとは小論文を書き、添削していくという作業を本番まで繰り返します。



SLA進学塾
お電話でのお問い合わせはこちら 03-3805-5819
メールでのお問い合わせはこちら

このページのトップへ